添え状は、企業や事務所に応募書類を送る時に同封するあいさつ状です。「誰が」「何を」「どれくらい」送ったのかを伝えるものでもあり、ビジネスマナーの一つです。また、採用担当者が一番始めに目にする文章ですので、自分を印象付けるツールにもなります。
添え状の書き方

1

日付

提出または投函する年月日を記入してください。その際、和暦・西暦は履歴書等に合わせて書いてください。

2

応募先名

お送り先の企業名は略さず書いてください。部署名・担当者名のわかるときは必ず記載してください。なお、漢字など間違わないように正確記載し、確認してください。

3

住所

郵便番号から略さず書いてください。(押印については自由です)

4

表題

書類の内容がわかるように、必ずタイトルを付してください。

5

頭語・前文

一般のものと同様に、「拝啓」などの頭語から始めます。また、前文には「貴社ますます〜申し上げます」といった定型文を使うと簡単です。

6

書き出し文

最初に応募のきっかけを「インターネットの求人を拝見し〜」など明確に書きます。新聞や雑誌の応募広告の場合は媒体名・掲載の日付も明記するよう心がけてください。

7

自己紹介・自己PR

同封の応募書類(履歴書・職務経歴書など)への誘導にもなるため、PRポイントや志望内容などを簡潔に表現すると効果的です。

8

志望動機

添え状は熱意を伝えることも目的のひとつです。志望動機を簡潔に記載してください。

9

面接への希望

添え状の最も重要な部分です。入社試験や面接などの申し込みをしっかりと行います。※連絡のとりにくい状況などがある場合は、希望する連絡方法をわかりやすく表記し、お願いすると良いでしょう。

10

末文・結語

末文・結語は必要です。末文は「とり急ぎお願いまで」といった定型文を使えば便利です。また、頭語の「拝啓」に対しては、結語は「敬具」が一般的です。

関連コンテンツ

▲ページTOPへ