「資格の大原」グループ 大原キャリアスタッフの就職・転職・派遣の情報サイト

ご採用担当者様はこちら!

  • 履歴書
  • 職務経歴書
  • 添え状

職務経歴書の書き方

職務経歴書は、あなたの経験や意欲をアピールする最大のツール。書き方の基本をマスターして効果的な自己アピールにつなげましょう。採用担当者に興味を持ってもらうにはまず、「見やすい」「分かりやすい」が大事。書く内容はもちろん、書類作成能力や表現力も問われますので、レイアウトを工夫することも大切です。

作成の手順

  1. 自分の経歴を振り返って、情報を整理する。(アルバイト経験も可)
  2. 応募する職務に活かせそうな経験をアピールする。
  3. 決められたフォーマットがないため、形式にとらわれず全体の構成を練る
  4. 勤続年数や経験が少なくても、今までの自分の体験を通して仕事への姿勢を自己PRできるように、具体的な事項を記入する。

作成する上で知っておきたいポイント

〈形式〉

  • A4用紙に横書きが基本。
  • 枚数は1〜2枚。
  • パソコンでの作成が基本。
  • 形式は、時系列にまとめる「編年体形式」か、担当した職務内容でまとめる「キャリア形式」が一般的。
    職歴をより魅力的にアピールできる形式を選ぶ。
  • 経歴には、①会社名 ②在籍期間 ③雇用形態 ④配属部署 ⑤業務内容 ⑥役職 ⑦実績 を記載。
  • 記入年月日と署名を忘れずに。

〈作成にあたっての注意点〉

  • 職務内容と実績は具体的に。1日の仕事量、担当した顧客数など業務内容を数値化するのも効果的。
  • 使用経験のあるOA機器、OS、ソフトなども忘れずに明記。
  • 資格や研修参加など、業務に関連する事柄を盛り込む。
  • 実務未経験者は今までの職務経験に加え、なぜその職務で働きたいかを結びつけて自己PRする。
  • 誤字脱字や変換ミスがないかチェックする。

作り方のヒント

就職活動において、職業経験のある方にとって重要な評価対象となる書類です。そのため、正しくしっかりとPRすべきポイントを採用担当者に伝えられる書類作りが必要となります。多くの募集者が提出した書類の中でもしっかりと評価される「職務経歴書」を作成しましょう。

1、過去の職業経験の棚卸しをしましょう。

これまで勤務してきた会社・部署・業務ごとに「業務に携わった期間」「業務の内容」「個々の業務の成果・実績」をすべて書き出します。その際に注意すべきポイントは『誰でもわかるように具体的に業務の内容を書き出す』と『具体的な数値(量・金額・期間など)を表記する』です。

2、志望業務に必要なスキルを書き出しましょう。

志望する業務に必要と考えられるスキルを書き出します。想像で構わないので、数多く書き出すのがポイントです。

3、アピールする経験を選びましょう。

「2」で書き出した必要とされそうなスキルと、「1」で書き出した自分の経験を照らし合わせ、合致するもの(類似する物)を探します。次の職場でも活かせそうなスキルをメインにアピールします。

4、メリハリをつけて記載しましょう。

「3」で選んだ項目を使って職務経歴書の作成を行います。その際、優先順位を必ず付けて、作成を行ってください。すべてを書き出す必要はありません。重要な項目を目立つようにすることで魅力的にかつ自分らしさも伝えられます。

5、記載する順序にも工夫をして、わかりやすく整理して書きましょう

職務経歴の長さや転職の回数などにより、記載方法を工夫すると明確にPRできます。一つの業務経験の長い方は時系列を逆に記載する「逆年代方式」、転職回数や広範な業務の経験がある方は業務内容別に記載する「キャリア形式」、職業経験の短い方は時系列に沿って記載する「編年体形式」を採用すると良いでしょう。後は、見やすく・わかりやすく・具体的な内容でまとめてください

応募書類の書き方TOPへ

▲ ページTOPへ

facebook

ADOBE READER
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
上のバナーをクリックして、Adobe Readerをダウンロードしてください。

株式会社 大原キャリアスタッフ
営業時間 月~金 9:00~18:30
【TEL】03-3234-6210 【FAX】03-3234-6214
【URL】https://www.o-hara-cs.jp/ 【E-mail】stf_staff@mail.o-hara.ac.jp

Copyright © 2010 大原キャリアスタッフ All Rights Reserved.