就職情報誌WIN 2021夏号 西日本
15/148

作成の手順●A4用紙に1~2枚程度に収めましょう。パソコンでの作成が基本です。●簡潔な文章で見出しやレイアウトを工夫して読みやすくしましょう。●業務の内容は誰にでもわかるように具体的に、実績は 客観的な数値(量・金額・期間など)を記入しましょう。●経歴には、勤務していた会社の情報と、在籍期間、雇用 形態、配属先、仕事内容、役職、実績など自分の情報を記入しましょう。●志望動機や自己PR、パソコンスキルなど、履歴書に記入しきれなかった情報を記載しましょう。職務経歴書職務経歴書は、これまでのお仕事の経験や身につけたスキルをアピールする書類です。決まったフォーマットはありませんので、「見やすさ」「分かりやすさ」も意識して作成しましょう。職務経歴書のポイント1234今までのキャリアを振り返るこれまで勤務してきた会社ごとに、経験した業務の内容や仕事での成果・実績をすべて書き出します。応募先で活かせるスキルを考える応募する法人・事務所ではどのような人が活躍できるのか、求められている能力は何かを想像して書き出します。アピールするポイントを選ぶ自分の経験(❶)と応募先で活かせるスキル(❷)を重ね合わせ、アピールするポイントを絞りましょう。わかりやすく伝わる構成を練る①編年体形式(時系列に記載)、②逆編年体形式(時系列に遡って記載)、③キャリア形式(業務内容別に記載)などの形式から、自分の職歴をより魅力的にアピールできるものを選びましょう。〈記入例〉13

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る