就職情報誌WIN 2020夏号 東日本
8/154

1964年12月生まれ1986年9月 公認会計士第二次試験合格1987年3月 慶應義塾大学経済学部卒業    4月 監査法人中央会計事務所入所1989年 公認会計士開業登録1990年4月 中央会計事務所 クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所に転籍1991年4月 同事務所マネージャー1993年4月 税理士開業登録 東京共同会計事務所を設立 代表パートナーに就任代表パートナー 内山 隆太郎28歳で独立して東京共同会計事務所を開設して、25年が過ぎました。この25年の歴史は、所員ひとりひとりの地道な努力の賜物だと思っています。感謝するとともに、そのことを誇らしく思います。さて、東京共同会計事務所は、SPCなどの「ストラクチャード・ファイナンス」に加え、M&Aや事業再生の「コーポレート・ファイナンス」、相続対策をはじめとする「ウェルネス・マネジメント」、それに「国際税務」の4分野で事業展開をしています。先端事例に数多く当たれる可能性が高いこと、国際性が強いこと、ビジネスとしても面白くなるようにちょっとした工夫をすることが、我々の特徴です。また、弊所は「プロとしての誇りを大切にする技術者集団」です。 技術を研鑚すること、プロとしての良識を持ち、クライアントを守り的確にリードすること、徹底したサービスでクライアントを感動させることをとても大事にしています。将来に向かって明るい夢を持ち、かつ技術研鑚を惜しまないメンバーを求めております。勿論、皆さんに仕事を教える先輩、上司、パートナー、マネージャー、シニアアドバイザーは極めて充実しています。チャレンジ精神のある方、向上心を持つ方ならスキルアップを図れる環境があります。みなさんが、プロフェッショナルの道を追求すべく、我々の門を叩いてくれることを大いに期待してお待ちしております。自分の付加価値をどう上げるか?1つの答えがここにあります。-6-

元のページ  ../index.html#8

このブックを見る