ナビゲーター デジタルパンフ
4/56

幅広い業務、やりたいことに挑戦できる環境がある。クライアントとともに、作り上げていく達成感がある。令和アカウンティング・ホールディングス株式会社公認会計士税理士第二事業本部 第1グループシニア平川真優さんクライアントの近くで働きたい、監査法人からの転職を決意「2014年に公認会計士の資格を取得して、その後、監査法人に入所しました。監査の仕事をしていく中で、もっとクライアントに近い立場で、クライアントと同じ方向を見て働きたいと思うようになって…。転職を意識する中で、いくつか会計法人を紹介していただいたのですが、その中で令和アカウンティング・ホールディングス(以下:令和アカウンティング)は、業務の内容に多様性があって、幅広い仕事ができる点にすごく魅力を感じたのです。自分が挑戦してみたいと思っている仕事にたずさわることができる環境があったので、転職先として選びました」。公認会計士というと、監査法人への就職が一般的だと思われるかもしれない。しかし公認会計士の業務範囲は監査だけにとどまらず、会計・税務・コンサルティングなど、非常に幅広い。今回お話を伺った令和アカウンティングの平川真優さんも、既成概念にとらわれず、活躍できるフィールドを広げていこうと前向きなチャレンジを続けるひとりだ。ファーストキャリアとして監査法人で監査のスキルを習得し、2018年に同社に入社。現在、平川さんは大手上場企業の会計税務サポートを担当している第二事業本部にて、決算書や開示資料の作成、仕訳の入力業務などを中心に行っている。「私のチームは色々な業種の事業会社を見ています。決算書や開示資料の作成の他、企業側で作られた仕訳や資料をチェックするという業務も行っています。弊社はクライアントとの距離が非常に近く、小さなことでも気軽に質問してくださるため、第三者的な目線でなく、一緒に作り上げていく感覚が非常に強いですね。そこが醍醐味のひとつでもあります」と話す平川さん。彼女はクライアントからの質問に回答するだけではなく、プラスアルファを心がけているという。「そうですね。たとえば、『この事象の時はどのような会計処理をすれば良いですか?』『こういうケースではどのような対応が望ましいですか?』などの質問に対して、『このように処理してください』『このように対応してください』と言うだけなら、私でなくても良いわけです。『決算の時はここに注意してください』『将来的にはここに気をつけてください』など、相談をされたことの背景を考えて、間違えやすい点を先回りして指摘するなど、プラスアルファの回答をするようにしています。『そこは気がつかなかった』『指摘してもらって助かったよ』と感謝された時はすごくやりがいを感じます」。しかし想定外の質問も決して少なくない。「業種や業態、また会社の事情もそれぞれなので、相談の幅も広いですね。テキストに載っている質問ばかりではないので、調べてもわからないものもあります。そこは今まで学んできたことを活かして、その会社に当てはめて考える。検討する。会計士にはそういう力が求められていると思います。私ももっと経験を積んで、スキルを磨いていかなければと感じています」。平川さんは、何か疑問があればすぐに上司に質問し、視野を広げるためにさまざまな書籍に目を通す。日頃からスキルを高めていくために、常にアンテナを張っているという。こうした姿勢がクライアントからの信頼につながっているのだろう。INTERVIEW

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る