大原合格者の会「大原アシスト」会報誌
26/60

FP総合研究所では、資産税部、法人部、医業部の3部門体制を構築しており、それぞれの部署での専担者制を採用しています。単なる税務知識だけでなく、その分野における周辺知識の蓄積や豊富な経験に基づき、お客様へ高品質なサービスの提供を可能とするためです。業務にあたっては、経験や実力に応じた豊富な研修メニューを社内で用意していますので、未経験の方でも安心して取り組んでいただけます。さらには、外部からも著名な講師を招聘し、より専門的な講義を身近に受講して頂く機会も設け、常に新しいことを吸収し成長できる環境を整えています。また、部署の垣根を越えて、情報交換を行うことにより、プロフェッショナル同士、お互いを高め合う仲間を社内で見つけることができます。各部署での会議では、他の担当者の申告書を全員で確認することとしており、自分が担当していない事例も見聞きすることができることから、多くの経験を共有して頂くことができます。私たちが理想とする税理士としての仕事のあり方は、単なる税金計算でなく、お客様ごとの要望に合わせ、オーダーメイドによるコンサルティング業務を行うことです。医業の分野で「インフォームド・コンセント」という言葉が重要視されているように、税務においても、お客様が理解できる言葉で説明し、お客様が人生において、または会社経営上において、後悔のない選択をするために欠かせない存在となることが大切であると考えています。専門特化で真のスペシャリストを目指す税理士法人 FP総合研究所Corporate Data税理士法人 FP総合研究所創立 1982年2月代表社員・税理士 松原 健司所在地 東京事務所 〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー10階 10A-4Tel 03-3580-0805URL https://www.fp-soken.or.jp/大阪事務所〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町3-4-10本町野村ビル3階06-6267-080824

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る