大原合格者の会「大原アシスト」会報誌
26/52

イタリア語で羅針盤を意味するCOMPASSO。その名の通り、コンパッソグループは企業の成長と発展を支える「羅針盤」を目指して活動し、創業から48年、法人化から17年を迎えました。スタッフ数は250名に達し、東京・川崎・埼玉・千葉に9拠点を有するコンパッソ税理士法人を中心に、社会保険労務士法人、公認会計士事務所、米国公認会計士事務所などを持つ総合コンサルティンググループです。コンパッソグループの最大の特徴は、顧客の広がりに応じて業務の幅を広げていった結果、いかなる課題に対しても総合力で対応可能な組織となったことです。コンパッソグループは、税理士、公認会計士はもとより、行政書士、社会保険労務士、中小企業診断士、医業経営コンサルタントなど会計分野以外の専門家も多数抱えています。また、「スタッフの成長がグループの成長に繋がり、さらにはお客様の成長に繋がる」という理念のもと、常に勉強し続けることを方針として、外部講師を招いての全社研修、国税OBの顧問税理士による社内研修、専門分野のグループ研修、社外研修への参加など、社員にとって成長できる環境を数多く用意しています。コロナ禍のコンパッソグループの取り組みとしては、昨年の3月、地域経済への消費喚起と従業員の生活支援を目的として、全従業員に一時金支給とマスクの配布を行いました。また、テレワークを積極的に導入し、「テレワーク東京ルール」実践企業として東京都より承認を受けました。このwithコロナ・afterコロナ時代においても、時間を無駄にすることなく業務を行える様、更なる業務革新に取り組んでいきます。お客様に寄り添い、幅広いキャリアを積める総合会計事務所コンパッソ税理士法人Corporate Dataコンパッソ税理士法人創立2004年4月代表社員若林昭子所在地本社(渋谷事務所)〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-10-5 渋谷プレイス9FTel03-3476-2233(代)URLhttps://compasso.jp24

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る