大原アシスト 2020/04
7/52

ね。与えられたことだけをやるという受け身な姿勢ではなく、自分から前のめりで動いていけるようなポジティブさが大切だと思います。そういう姿勢が周囲の事象や人への興味にも繋がると思いますし、さらにそれが自分の成長として返って時に面白さを実感できるのだと思います。いろいろなことをやってみたいという方が来てくださったらうれしいですね。自己成長を実感できる環境を求めて――ちなみに、皆さんは転職での入所だそうですね。板持/転職前は職員数約10名の税理士事務所でした。仕事内容が限定的だったため、自分の税理士としての将来を見据えて、新しいステージへ踏み出したいと考えたことが転職のきっかけでした。YPのオフィス見学で、みんなが笑顔で意見交換しながら仕事をしている光景を見て、この事務所で働きたいと考えました。入所して2日目にはデューデリジェンス業務に携わりました。スケールや仕事内容の違いに戸惑う方もいらっしゃるかもしれませんが、「また一から」という気持ちを持ち、真に向き合い、殻を破っていけるなら、きっとミスマッチにはならないはずです。私自身の経験からそう思いますね。山田/私は以前勤某大手企業で輸出入実務を担当していました。ですから異業種からの転職です。YPに入所して良かったと思うのは、毎日仕事に変化があり、世の中の動きとダイレクトに繋がっているという実感を味わえること。また研修も充実していますし、たとえば金融機関への出向やYPの地方事務所、海外事務所への異動など、自ら手を挙げて得られる経験の機会も豊富です。若いうちから執筆活動することもできます。私も自ら希望して法律事務所への出向を経験しました。このような環境を積極的に活用できる方だと、どんどん面白い仕事ができ、自己成長も実感できるのではないでしょうか。板持/私も入所2年目に金融機関へ出向しました。そこでは税務の専門家は自分一人。法人と法人の関係の中に身を置くという、自分の人生を振り返っても貴重な経験ができたと思います。緒方/私は配置転換希望制度「希望と志」を利用し、個人向け業務の部門から法人向け業務のアドバイザリー部に異動しました。YPには学びと成長の場がありますよね。どんな仕事をしたいかを大切にした選択を緒方/それに女性の立場で言うと、結婚や出産、子育てとの両立が可能だろうかという不安がつきものだと思います。特に規模の大きな税理士法人には忙しいというイメージがあります。私も同じように不安でした。ただYPで働く女性税理士の方から「これから先に起こるか起こらないかもわからない不確実な要素を心配して、自分の可能性を制限するのはもったいない。そうなったらなった時に考えればいいのだから。それよりも自分がどのような仕事をしたいかという思いを大切にしたほうがいい」とアドバイスを受け、自分が成長できる職場への転職を決断できました。もちろん産休育休制度もありますし、時短勤務制度を利用している職員も多くいますので、心配はいりません。想像し、考え抜き、伴走者として寄り添う――これからの税理士に求められるものとは何でしょうか。山田/お客様の求めているところを理解できる、想像できることが重要だと思います。税務という切り口からいろいろなご相談を受けることもありますし、お客様のニーズに寄り添いながらも、時には税務の範疇ではなくお断りする必要があるケースも出てきます。いずれにしても相手が何を求めているのかを的確に捉えたうえで、どう進めていけばいいのかを想像し、考えながら対応していくことだと思います。緒方/お客様の伴走者になれること。お客様のニーズは非常に幅広いので、社内外を問わず仲間を作り、お客様ニーズに応えられるだけの引き出しを持っておくことも重要だと思います。板持/対人感受性と考え抜く力だと思います。相手の痛みや思いに寄り添うとともに、考えることを習慣化していかなければ太刀打ちできない時代だと思いますね。5

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る