大原合格者の会

    1. ランドマーク税理士法人
    2. 清田 幸弘

    昭和37年横浜市の農家の長男として生まれる。

    横浜農協(旧横浜北農協)に9年間勤務、金融・経営相談業務を行う。

    資産税専門の会計事務所勤務の後、平成9年、清田幸弘税理士事務所設立。
    その後、ランドマーク税理士法人に組織変更。

    平成29年4月にオープンをした「朝霞台駅前事務所」、同年8月にオープンした「新宿駅前事務所」を含めて12の本支店を展開。無料相談窓口「丸の内相続プラザ」、相続実務のプロフェッショナルを育成するため「丸の内相続大学校」を主催。「一般社団法人 相続マイスター協会」の代表理事を務めるなど業界全体の底上げと後進の育成にも力を注いでいる。

コラム掲載開始のご挨拶

初めまして。ランドマーク税理士法人です。この度、こちらの場をお借りしまして、コラムの掲載を開始することになりました。
まず本日は、ランドマーク税理士法人について少しでも知っていただけたらと思い、簡単にではありますが事務所紹介をさせていただこうと思います。

事務所紹介

位置や方向の目安となる道標であり、国・地域を代表するモニュメントであり、そして探検家たちが拠点に帰り着くための目印でもある「ランドマーク」。 私たちランドマーク税理士法人は、相続・事業承継に特化した税務の専門家集団として2017年4月にオープンした朝霞台駅前、8月にオープンした新宿駅前をはじめ、東京都内に4支店(東京丸の内・新宿・池袋・町田)、神奈川県内に6支店(タワー・横浜緑・中山・鴨居・多摩川崎・川崎駅前)、埼玉県に1支店(朝霞台)の計12拠点を展開しています。(※行政書士法人含むグループ全体)

経営理念

ランドマーク税理士法人の出発点は、「農家出身者の視点で農家を助けたい」という思いにあります。代表である清田自身が農家の息子として生まれ、農作業に励む両親の背中を見て育ちました。やがて、農家の多くが、土地を持つ地主として大きな税金を払い、中には土地を手放さざるを得ない状況に苦しんでいるという実態を知ることとなり、税理士を志しました。「自分と同じように苦しんでいる農家と、その家族を守る仕事をしよう」。この思いがすべての出発点です。この思いは今も変わらず、会社の基本方針となるクレド(経営理念)にも集約されています。

1.人々を導く道標となること世の中に感動を与えられる人材となるために、おもてなしの精神を重視しています。挨拶から案内、お茶の出し方、提案の方法まで、高いホスピタリティをもって、お会いする全ての人々に感動を与え、目指すべき経営の形、組織の姿のお手本となる事務所を作り上げていきます。

2.モニュメントの様な存在感を持つこと
今やランドマーク税理士法人は業界の中でも注目されるポジションにあります。一人ひとりが常に上昇志向を持ち、確かなスキルと立ち振る舞いを身に付け、お客様にも、取引先にも信頼される存在になることを目標としています。

3.出発点を見失わないこと
私たちは、助けを必要とする人たちのために、同じ目線に立って行動することから出発しました。この原点を常に忘れることなくゆるぎない目線で業務にあたり、着実な前進を目指し、信頼される存在になることを目標とします。このクレド(経営理念)を目標とし、常にお客様に寄り添ったサービスのご提案をできるように全社員気持ちを一つに日々努めています。

4つの強み

最後に、ランドマーク税理士法人の4つの強みについて、ご紹介します。

1つ目が、相続・事業承継の特化事務所として、トップクラスの相続税申告・相談件数の実績があること。2017年実績では、556件の相続税申告を行い、累積の相続税申告件数は2,800件を超えました。この申告件数は、全国でもトップレベルです。
相続対策では、お一人おひとり違う条件の資産を有効活用するため、オーダーメイドのプランをご提案しています。こういった実績こそが、お客様から頂いた信頼の証であり、私たちの誇りです。

2つ目は、税務調査に強い申告をモットーとする確かな品質保証を出来るということ。
「書面添付制度」を実施することで、弊社の申告案件に税務調査が入る確率は1%以下です。この数字は、相続の税務調査が「4件に1件」入るといわれていることから見ても驚異的であることがお分かりいただけるかと思います。
さらに、ランドマーク税理士法人には、元国税当局勤務のスタッフが多数在籍しています。税務調査で指摘されやすいポイントを共有することで申告書の適正性を高めています。

3つ目が、ワンストップのサービス体制であるということ。
ランドマーク税理士法人は、弁護士、司法書士、不動産鑑定士、行政書士など、さまざまな専門家と提携しています。各スペシャリストと連携体制をとることで、一つの窓口で複雑な問題を解決したいというお客様の声に応えます。約20の他士業事務所とのチームワークが、確かな品質でサービスの提供をできる理由です。

4つ目が、プロにも認められた確かな実績があるということ。
同業の税理士や金融機関、不動産会社から保険会社といった実務家から多数の講演依頼があり、年間300回超のセミナーを実施しています。また、相続支援を行う人材を育成する目的で「丸の内相続大学校」を運営しています。「認定相続マイスター」という民間資格を創設し、これまでに数百名を認定してきました。プロがプロを教える講座により、「税理士先生にとっての先生」という立場で相続を扱う人材を育成しています。

いかがでしょうか。
このコラムを通じて、少しでもランドマーク税理士法人にご興味をもっていただけたら幸いです。
これから定期的に身近な税金のお話や実務に直結した税務のお話など、わかりやすく情報を発信していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。