就職情報誌Win2017夏号 東日本版 デジタルパンフ
6/176

履歴書の書き方就職面談会などに持参するときは持参する日を、郵送するときは投函する日を記す。合わせて履歴書全体を西暦か元号のいずれかで統一。❷ 日付3カ月以内に撮影したもの。ビジネスに適した服装で(スーツ着用)。また万が一はがれても分かるよう、写真の裏に氏名を記入。❶ 写真番地やマンション名、○○方まで正確に。フリガナも忘れずに。❸ 現住所・連絡先手書きであれば黒のボールペン等を使用し、書き間違えても修正液を使わずに、新しい履歴書を用いて最初から書き直そう。コピー厳禁。自己PRや志望動機は空欄を作らない。履歴書はあなたをアピールするための重要なもの。面倒がらずに、しっかり書きましょう。ただし、指定の枠内で収めること。染みのついた履歴書や修正液での訂正は、面接官にマイナスイメージを持たれてしまいます。きれいな履歴書で、あなたの真摯な姿勢を伝えましょう。パソコン・手書き両方可空欄はすべて埋める汚さず、きれいな履歴書をチェックポイント中学校は卒業年月のみ、高校・専門学校・大学は、入学・卒業年月のみならず学部・学科・専攻まで詳しく記載。「同校卒業」「〃」などと省略せず正式な表現で。年度の再チェックを忘れずに。❹ 学歴社名は(株)等の省略はせず正式な表記で。入退社歴だけでなく、具体的な部署名も明記。詳細は職務経歴書に記載する。最終行は「以上」で締める。❺ 職歴正式名称で取得順に記載。取得資格が多い場合は上位級のみ記入。実務につながるもの、国家資格を優先。現在習得中のものがあれば書き込んで、熱意をアピール。❻ 免許・資格希望する職種や仕事内容に、自分が適していることをアピールする項目です。文面は前向きな姿勢で書きますが、誇張しすぎる表現は逆効果なので気を付けましょう。また、よく使われる「協調性がある」「積極的」「リーダーシップ」「コミュニケーションが取れる」などは、基本的なスキルなので、多様しないように気を付ける。❼ 自己PR応募した理由や入社後にやりたい仕事は、面接時にいちばん重視される点なので、抽象的な言葉は避け、自分の思いを具体的に書く。質問されてあわてないよう、じっくり考え、練習しておこう。この項目は、別紙として職務経歴書に記載してもよい。❽ 志望の動機募集職種や勤務地が複数ある場合は必ず記入。その他、勤務開始可能日や働き方などの希望があれば記載。自由記入欄なので自己PR的な内容を記載しても可。❾ 本人希望記入欄❶❹❸❺❻❾❼❽❷-4-

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る